DIYで木材タイプの目隠しフェンスを作ろう

周りからの視線が気になる人は珍しくない

いろいろな場所から自宅内が見えると、ストレスがたまることが少なくないと言われています。快適に過ごすためには適度な目隠しが必要なため、自分で作成したい人もいるかもしれません。もし、初めて目隠しフェンスを作るなら、さまざまなアイデアを考えるといいでしょう。初めて作成するときは実現が難しい方法を選択してしまうことが珍しくないです。途中でプランを変更するとコストが膨らむ傾向にあるので注意してください。完成図を大まかにイメージから実際に作るタイプを考えるといいでしょう。DIYに初めてチャレンジするときほど、設計図作成に力を入れる必要があります。厚みのある素材を使うときは予想外のズレが発生しやすいので、一度小さいサイズでチェックするといいかもしれません。適切な大きさになるように作成前の準備に時間をかけてください。

自分に合ったタイプを選ぶことがポイント

プライバシーを確保するための目隠しフェンスを作るときは、どの程度隠すか確認しましょう。周りから中が見えないタイプだと作業が増えるため、完成まで長期間かかる傾向にあります。作業量が増えると難易度もアップするので、比較的負担が少ないタイプを選ぶといいかもしれません。完全に隠れるよりも適度な隙間がある方が防犯で役立つこともあるので、さまざまなことを考慮して決めてください。DIY初心者でも簡単に作業するには、素材選びにも力を入れる必要があります。木材は比較的加工しやすいので、初心者にも適しているでしょう。もし、作業をスタートするまでの負担を軽減したいなら、加工する道具を揃えやすい素材を選んでください。加工が難しいと仕上がりに影響を与えるので、見た目にもこだわりたい人ほど扱いやすさを考えるといいです。

周りとのバランスを考えて作ろう

DIYで目隠しフェンスを作るときは自宅との相性もチェックしてください。同じ木材でも色や加工方法によってイメージが異なることが少なくありません。そのため、周辺とのバランスに気をつけたいなら、仕上がりにも力を入れましょう。防腐処理や色付けなど、時間がかかる作業は早めに済ませた方がいいです。乾燥するまで時間がかかるタイプもあるので、スムーズに作成したいときは作る順番にも気をつけてください。完成してからでは上手に塗れない部分も出てくるため、一度仮組みして作業のしやすさをチェックします。問題ないと確認できてから木材を固定するといいです。