ミュージックスクールに通っています

小さな時からずっと歌が好きで毎週親にカラオケに連れて行ってもらったりしてきました。しかしだんだんとそれだけは物足りなくなり、歌手を目指したいと言う目標まで出来ました。そして高校を卒業し本格的に歌手を目指す為にミュージックスクールの試験を受け、見事合格しました。ボーカルコースで毎日バイトをしながら通っています。スタジオは自由に借りれますが、マンツーマンで先生が教えてくれるのはその中で60分程です。それ以外は自由に練習し、又練習しすぎても喉を痛めてしまう恐れがあるので、喉を休めその時は作詞作曲の作業もしています。年に数回お披露目会があり、多くのお客さんの前で歌を披露します。とても緊張しますが、お客さんから大きな拍手を頂けると嬉しく、自信もつくのでいい練習になっています。いつか歌手になれる様にと日々努力しています。

ミュージックスクールの基本情報と手厚いサポート

ミュージックスクールの特徴として、ミュージックスクールはボーカル、ギター、ベース、作曲、DTM、キーボード、ピアノ、エレクトーン、ブルースハーブといった多くの種類の学科があります。スクールは正しいテクニック、知識を早く確実に修得することを目標にカリキュラムが作られています。それをベースに皆様にあわせてアレンジし、レッスンをしてくれます。そして、確実な指導法を身につけたスペシャリストが指導してくれます。親切に具体的にどこがいいのか、足らないのか、より良くなるか丁寧に教えてくれます。さらにサポートも充実しており、都合で休んだ場合でもその日学んだことの教材やレッスンを要約したCDを無料で郵送してくれます。レッスンで使用する楽器もスクールが用意してくれるので、仕事帰りや、学校帰りでも手ぶらでスクールに行けます。

ミュージックスクールで大人から始める音楽

大人になってから趣味で音楽を習う方が増えています。習う教室は、個人の教室や文化センターなどがありますが、ミュージックスクールの場合、大人から始める音楽に特化した講座が、幅広い楽器で開催されています。講座は、楽器にもよりますが、個人の場合とグループの場合があります。それぞれメリット、デメリットはありますが、自分の性格、目的などに合わせて選ぶと良いでしょう。大人から始めた人を対象にした講座の場合、全くの初心者を対象にしているので、譜面も簡単です。昔やっていてブランクがある方の場合、大人初心者対象の講座ですと、少し物足りなく感じる場合もあるので、教室に相談してから講座を選んだ方が良いです。ミュージックスクールでは、大体の教室で、見学、体験が気軽にできるようになっています。自分に合った講座を選び、長く続けることができるよう、見学もしくは体験に行くと良いしょう。話を聞いたり、パンフレットを読むより、よく分かります。