素材から目隠し用のフェンスを選んでみる

エクステリア専門業者に依頼せず、簡単・低予算となるDIYが人気化しており、最近では目隠しフェンスを個人宅で設けるケースも増えています。素材では、コンクリートなどの無機質な素材よりも、暖かみのあるウッドフェンスが人気ですし、日曜大工などの趣味の範囲、素人でも扱いやすさがウリです。外からの目隠し、プライバシー保護を目的とする場合に必須ですし、最近では周りの窓が高い位置にあるなど、デザイン性から必要とするケースもあります。DIYでも失敗しない素材選びとして、腐りにくいハードウッドが適しています。イペやウリンが一例で、20年程度は腐らない建材ですし、人工木材も腐りにくい魅力ある材質です。また、塗装を簡単にしたり不要とすることもポイントで、ウッドフェンスならではの木目を生かすことができます。さらに、エクステリアでの目隠しフェンスは、お手入れが簡単であることも大切で、耐候性は視野に入れたい点です。再塗装やサンドペーパーなどが必要な建材がある中、素材の特性上、汚れやささくれなどが少なく、手入れを不要とします。

木を植えるという方法も手軽さから人気

庭に目隠しフェンスを設置したいものの、色や高さなども事前にチェックしておきたい内容で、失敗しないコツです。例えば、フェンスの高さで言えば、平均的な身長高が約170cmであるため、180cm程度の高さが適正です。意外に色味も重要で、例えば、建物の外壁塗装の色と似合わせることが違和感なく、明るめの外壁ではナチュラルな色味がポイントです。また、フェンスにこだわるのではなく、目的にこだわるのも1つの手です。その1つが植栽で、自分で植えるというDIYで、背丈のある花木など、ガーデニングを趣味とするケースで活用できる方法です。この場合、エクステリア専門業者からのアドバイスを受け、どんなものを選べば良いか、手間を惜しまない場合に低予算で目隠しフェンス代わりに庭を目隠しできます。

お手入れなどまでもチェックしておく

簡単だからこそ、気を付けたいのが、どのようなフェンスを用いても、目隠しとするならば防犯面も重要となります。相手から死角になりやすく、潜める場所にはフェンスを作らないこともポイントです。また、メンテナンスまでも考慮しなければならないため、初期費用だけの目先だけでなく、ランニングコストも考慮し、住宅の性能と同じく、経年数での費用もしっかりチェックします。全くの初心者では、キットで販売されているため、幅と高さが決まっている点、コストを抑えている点などからも扱いやすく、規格内サイズは割安である可能性も高くなっています。

ガーデンライフ彩の樹脂フェンスは自社工場で生産された安心の日本製です。梱包も丁寧に実施して出荷しており高評価をいただいております。メーカー直販という強みを生かし、専門スタッフや生産担当者による丁寧な対応を心がけております。一番人気のボックス付フェンスは、設置がラクラクです。これまで多くの工務店からご注文をいただいております。設置方法ごとの分類で欲しい商品が探しやすい!!目隠しフェンスをDIYするならガーデンライフ彩