ミュージックスクールに通っている

少し前まで、苦手な事がありました。それは人前で歌を歌う事です。上手くないと自覚しているので、自分の歌声を聞かれるのが嫌でした。そんな中、趣味もなく、休みの日は何もしておりませんでした。何か趣味か習い事でも始めようと考え、自分が一番、苦手な事を克服しようと決意しました。そして、ミュージックスクールに通う事にしました。まさか、自分がミュージックスクールに通うとは考えてもいませんでしたが、とにかく通っている今は、無我夢中です。とにかく歌だけではなく、音楽全般がどういう物なのか理解をしていなかったので、そのお勉強もしております。凄く勉強になりますし、人前でだんだんと歌えるような気持ちになってきております。もっと自信がついたら披露したいです。また、趣味としてミュージックスクールに通っている自覚があるので、凄く楽しいです。これからも続けていき、日頃のストレスが発散出来ればよいなと考えております。

ミュージックスクールの存在性(等価交換の原則)

ミュージックスクールに通う人たちがいます。私自身は、中高とサックスを吹いていたので今のところ必要性を感じないが、大人になってから楽器を初めてみたいと思う人は意外と多いのではないでしょうか。そんな人にとって、ミュージックスクールの必要性は意外と高いのかもしれません。実際のところ、独学でもある程度は何とかなります。今はネット環境も昔に比べてとても充実しているし、動画などでとても具体的なレッスン方法をアップしている人も大勢います。ならば、なぜ存在するのでしょう。それは、お金という「代価」を支払うことで初めて得られる「等価交換の原則」があるのではないかでしょうか。もし無料で教えてくれるところがあれば、それはそれでありがたいと思う人もいるかもしれないが、忙しさを理由に続かない人も大勢いるはずです。今現在、どうしようかと考えている方がいれば、まずは体験レッスンなどを受講してみてから決断をするのも一つの方法ではないでしょうか。習うより慣れろという言葉もあるくらいです。

老後の楽しみミュージックスクール

この頃、お昼にカラオケ店に出向くと、シニアのグループがカラオケでお部屋が空くのを待っていたり、仲間同士手で沢山歌って大満足でお会計を済ませられている姿を良く見かける事があります。これって、とても良い傾向だなと感じます。腹の底から声を出して、歌を歌う事は、一番シンプルな健康法の一つでもあります。若い世代なら、スポーツなどで体を動かして新陳代謝を良くする方法も、健康方の手段ですが、シニア世代のお年寄りに関してはそれさえも限られてきます。そんな中、歌を歌いながらリズムに合わせてストレス発散したり、知らず知らずの内に腹式呼吸を取り入れたりするのは、十分健康の為になっています。何より本人達がやらされてる感なく、楽しみながら取り組んでいる、それが何よりです。ミュージックスクールでは、先生の指導の元、本格的に歌に取り組む事が出来ます。一歩踏み出してこの春からトライするのも楽しみがまた一つ増え、良いのではないでしょうか。

ソニーミュージック本格的音楽スクール【MUSIC MASTER】一流ヒットクリエイターの奥儀を伝授! 認定クリエイター制度を設け、コンペ情報を提供します。 ソニーミュージック現役プロデューサー講師による講義。 ソニーミュージックプロデューサーによるワンポイントアドバイスを実施! ソニーミュージック直営音楽スクール!一流講師と現役ソニーミュージックプロデューサーによる本格講座! ミュージックスクールを検討の方におすすめ